印刷の豆知識
夢冊子・カルネ「自分史」づくり街の便利屋さん一般の印刷会社紹介
 
紙質を決めるポイント 紙質を決めるポイント 紙質を決めるポイント 紙質を決めるポイント 紙質を決めるポイント
紙質を決めるポイント   紙質を決めるポイント   紙質を決めるポイント   紙質を決めるポイント   紙質を決めるポイント
 
   
 

紙質を決めるポイント

 
 
文字が主になっている印刷物 上質紙、中質紙などで、裏の文字が表に透けない程度の厚さが必要、中質は上質に比べ白さが劣るものの、不透明度が高く、紙が薄くなっても、裏ぬけがしません。
   
写真を特に良く出したい場合 アート紙、コート紙が適しています。これら塗工紙には、光沢性のものと粗面なもの、両面塗工と片面塗工があり、アート紙のように塗工の厚いものほど平滑で、写真に適します。
   
色彩を美しく出したい場合 紙(木材繊維)は本来やや黄味をもっていますが微妙なカラー再現のためには、青味をつけたり、蛍光増白と呼ばれる方法を用いたりして白色度を強調したアート紙があります。
   
強さが必要な紙 紙の強さには、引張り、引き裂き、耐折、表面強度などがありますので、使用目的によって選びます。筆記用、封筒用、包装用として、上質紙、ロール紙、クラフト紙があります。
   
厚さが必要な場合 表紙、カードなど厚い紙としては、カラー印刷にも適する白板紙(アートポスト、アイボリー、カード)などの他に、色や表面加工を施した特殊紙とがあります。
   
色紙を利用する印刷 色上質紙のように普通の印刷用紙に色加工してある場合と、特殊な肌合(レザー、もみがみ等)を持たせた紙があります。濃い色の場合はインキの発色に大きな影響があります。
   
特殊な肌合の紙 和紙、布目、レザーのように特殊紙として製造されたものと通常のアート紙などをエンボッシング(浮彫)加工したものがあります。多くの見本の中から選ぶことが必要です。
   
紙以外の材料への印刷 布、金属、プラスチック、など紙以外の材料に印刷する場合は、インキ、版、印刷法などが特殊になることが多いので、あらかじめ営業マンにご相談ください。
 
 
Page Top
 
   
 
仕上りサイズを決めるには
 
 
印刷物の仕上りサイズは、用紙の規格寸法から割り出すとお得です。(規格寸法表参照)用紙規格には、A判とB判があって、いずれも1:√2の比率の矩形になっています。
この比率の特長は半分に切ると丁度同じ比率の矩形が出来ることで、B1判を半分にするとB2判、その半分がB3判となっています。
製版料金もこの判サイズによって決められていますから、印刷物の仕上りは、規格寸法に従って決めると、無駄がなくお得です。
  紙の断裁
 
 
 
 
Page Top
 
 
 
  ページ数を決めるには  
 
1枚の紙を2つに折ると、4頁になります。したがって頁数を決定していくには、4頁を最低単位にして決めてください。例えば4・8・16・20・・・という数であって、5頁とか6頁、7頁という頁数はできません。
また頁数が多くなると、4頁が単位ではなく、8頁とか16頁を1台(1枚の紙で刷る頁)として印刷していきますから、編集レイアウトに当っては、営業マンにご相談ください 。
  紙どり
 
 
Page Top
 
   
  取引単位  
 
 
  紙は私達が使う大きさで売られているわけでなく、一定の大きさ、一定の枚数によって取引きされています。普通印刷用紙は全判で1,000枚、板紙は100枚が取引単位で、これを1連といいます。これはB5判、またはA5判32頁の本が、1,000冊という数です。これより少ない数の場合は、1包1連ではなく、端売りを利用せざるを得なくなります。しかし端売りでは買えない紙もあって、そのような時は使わない無駄な紙を買いこむことになって、コスト高となりますから、常備以外の特殊紙をお選びになる時は、営業マンとよくご相談ください。  
 
Page Top
 
   
  1色だけで刷る場合  
 
●黒1色
最も一般的に行なわれる方法で、印刷もしやすく、写真も見やすく仕上ります。
●色インキ
印刷インキでの色見本を付けてください。ポスターカラーとか、サインペンなどでの色見本は、発色の誤差が多くなります。また淡い色の場合は、文字や写真が見にくくならないよう注意してください 。
●色紙の上に刷る
印刷インキは透明ですから、刷り色が紙の色と混じり合って発色されます。紙の色が濃い場合は、見にくくならないよう注意が必要です 。
 
 
 
Page Top
 
   
  2色以上で刷る場合  
 
文字や絵柄のどの部分が何色になるか、はっきり指定してください。
色が重なったところは、混色されますから、2色でも3色の、3色なら6色もの発色効果があります。
写真を使う場合は、
●色ベタの上に写真をのせる。
●平網(スクリーンを使って一様に色を淡くする)の上に写真をのせる。
●ダブルトーン(2色とも写真的階調にして重ね合せる)などがあります。
 
 
     
 
Page Top
 
   
  特殊なインキについて  
   
 
オペーク(不透明)インキ 色紙の上や下刷りのインキの上に重ねても、混色されずに下の色をおおい隠すように作られたインキ。
   
蛍光インキ 蛍光顔料を使って、他のインキより光輝性の発色効果をもつように作られたインキ。看板、ポスターなどで特に目立たせたい箇所につかいます。
   
パールインキ 真珠のように独特の虹彩をもたらすインキで、不透明になっています。比較的上品で高級イメージを出したいような場合に使われます。
   
磁性インキ 磁性を帯びやすい酸化鉄を含むインキで、銀行通帳、クレジットカードのように、機械による磁気読み取りができるようになります。
その他光学読み取り用、芳香、隆起、紫外線遮断など各種のインキが開発されています。

Page Top

 
   
  カラー印刷の発色法  
   
  カラー印刷は、藍(Cyan)、赤(Magenta)、黄(Yellow)の3原色と墨の4色を刷り重ねて発色させています。これ以外の色インキは特色といって、特別にインキを練り合せて調合します。  
 

 

 
 
Page Top
 
     
 
 
  カラー印刷の発色法  
 
大きな紙に印刷されたものでも、折り方によって定型郵便物として、発送することもできます。
 
 
 
二つ折
外三つ折(Z折)
巻三つ折(C折)
左右均等に折ります。
紙を三等分にし、Z字型にする折りです。
紙を三等分にし、その1面を内側に入れる折りです。
巻四つ折
両観音折
蛇腹四つ折
二つ折から、さらに二つに折ります。
紙を約4等分にして、大外の部分を内側に折り、中央でもう1回折る折り方です。
蛇のように交互に折っていく方法です。
 
 
DM折
二つ折にしたものから、さらに三等分に折るものです。
 
     
 
 
 
Page Top
 
     
 
 
  カラー印刷の発色法  
   
  製本の仕方にはいろいろな種類があり、その種類によって印刷工程・製本工程も変わります。また、その方法により本の強度も違ってきます。  
 
 
 

上製本

(丸背)

みぞつき
厚いボール紙に、紙・クロス等を巻き、本文を綴じたもので、高級冊子に用いられます。
突きつけ
上記と同じもので、表紙と背の間にみぞがないものです。

上製本

(角背)

みぞつき
背の部分が平らで、表紙と背の間にみぞをつけたものです。
突きつけ
上記と同じもので、表紙と背の間にみぞがないものです。
切りつけ
くるみ
表紙を1枚の紙でくるむように取り付け、綴じる方法です。もっとも一般的な製本です。
中とじ
本文と表紙を真ん中で一緒に針金や糸で綴じる製本方式です。
180度展開でき、パンフレット等に使用されます。

足貼り

(マーブル・クロス)

天のりされた印刷物の背部分にテープを巻いて製本する方法です。伝票や原稿用紙などに利用されます。
リング
らせん状の針金を、表紙と本文にあけた小さな穴に通して綴じる方法です。
メモ、スケッチブック等360度展開して使用されます。
 
     
 
 
 
Page Top
 
 
 
     
   
     
     
  詳しいお問い合わせ  
     
Copytight (C) 2004 Sato-Insatu. All Rights Reserved.
TOP PAGE info@sato-insatu.co.jp